ショートカットのススメ

突然ですが、Windowsパソコンをご利用されている方。ショートカットキーは活用されてますでしょうか?

そもそもショートカットキーって何?という方にご説明しますと、Windowsではキーボードの特定のボタンを同時に押すことで、特殊な動作を起こす機能が備わっています。選択した文字列をコピーする「Ctrl+C」あたりは知っている方も多いかもしれません。

同時と言うと難しそうですが、Ctrlを押しながらCを押すイメージで問題ないので、操作は簡単です。
Windows以外のOSでも同じような機能がありそうですが、筆者がWindowsユーザーのため、ここではWindowsの機能に限定してご紹介します。

ショートカットで主に使うのは「Ctrl」「Windows」「Alt」です。キーボードの左下に並んでいる、大半の人は「これ何に使うの?」と思っているであろう謎のキーですね。「Windows」は■が4つ並んでいるキーのことで、単体で押すとWindowsメニューが出てくるので、そのためのボタンだと思っている方も多いかもしれません。

Windows+Dで画面リセット

勉強熱心な芸津くん。
論文を書くため、WordやExcel、他にもたくさんのソフトを起動しています。
しかし、画面を開きすぎた結果、作業効率が下がってしまいました。
そんなあなたに、画面をリセットするコマンドがあります。それが、

Windows+D!!

あれだけ開いていた画面がすべて最小化され、デスクトップが表示されました。
再び必要な画面だけ開いていけば、新たな気持ちでスタートすることができますね。

ちなみにWindows+Dを押してデスクトップが表示された後、もう一度Windows+Dを押すと、押す前の状態に戻すことができます。これも覚えておくと、なおよいかもしれません。

Alt+Tabで画面切り替え

努力の甲斐あって、無事就職に成功した芸津くん。
が、どうも様子が変です。画面を眺めてみると…
なんと、仕事中にパソコンで遊んでいるではありませんか!

上司が近づいてくることに気付き、慌てて隠そうとする芸津くん。
Windows+D!!

無事、遊んでいる画面を隠すことに成功しました。
が、あくまでデスクトップの画像が表示されただけ。
これでは、仕事中にデスクトップを熱心に眺めているサボリーマンになってしまいます。

いったんWindows+Dを押して、元の状態に戻します。
そして、放ったコマンドは…

Alt+Tab!!!

無事、遊びの画面から仕事の画面に切り替えることに成功しました。
上司も、真面目に仕事している芸津くんにご満悦の様子。
見事、危機を回避することに成功したのでした。

注:良い子はマネしないでください

Alt+F4で強制停止

気持ちを入れ替えて仕事に没頭し、帰宅した芸津くん。
本来真面目な彼も、まだまだ若い男の子です。
借りてきたDVDを再生し、ひとり楽しむ芸津くん。

すると突然、後ろから階段を上がってくる音が。
慌てて隠そうとする芸津くん。

Windows+D!
Alt+Tab!!

…!!!
音が、消えない…!!!

ひたひたと迫る足音。
刻一刻と迫るタイムリミット。
こうなったら、最終手段しかない…!

Alt+F4!!!!

それは、すべてを無に帰す、最強のコマンド。
開いている画面そのものを消すというこのコマンドの前には、何もかもが無力。

しかし強すぎる力には、得てして代償が伴うもの。
「どこまで見たんだっけ…?」
夜のとばりの中、途方に暮れる芸津くんなのでした。

※この作品はフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません。

まとめ

ということで、今回は画面切り替え系のショートカットを3つ紹介してみました。

たいていのショートカットキーはマウスでも代用することができます。
例えばAlt+F4はマウスで右上の×を押すのと同じです。最強のコマンドとか大層なこと書いてますが、ただの「×」です。

しかし、特にノートパソコンの場合、ポインタ操作だと結構手間ですし、慣れるとショートカットキーを使ったほうが断然早くなります。
そして何より、ショートカットキーでバシバシ操作していると「できる人感」が出ます。
私は前職(SE)1年目の時、先輩が超速で操作しているのを見て、素直にかっこいいと思いました。

受け取り方は人それぞれだと思いますが、「かっこよく見せるため」なんて目的で極めてみるのもよいかもしれません。
便利なショートカットキー、ぜひ活用されてみてはいかがでしょうか。

ショートカットのススメ” に対して2件のコメントがあります。

  1. 松浦美砂子 より:

    在職中”仕事できる”感にあこがれ、マウスを引き出しにしまい、全てショートカットキーで、挑戦してみたりしたのですが、すぐに忘れてしまうなど上手くいかない日々でした。
     定年して丸2年、残りの生涯かけて0からショートカットキーに挑戦してみようかと、久しぶりにやる気を起こさせていただきました。

    1. jun-tax より:

      コメントありがとうございます。
      確かにいろいろありすぎて、すぐ忘れてしまいますよね。
      覚えようと思ってやると作業感が強くて嫌になってしまうので、何か操作をするときに、
      このショートカットなんだったっけ?という感じで反復して身に着けていくのが一番定着するのかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

冷え性の話

次の記事

税の作文