かんぽ生命の通知書

かんぽ生命の不正販売問題の対応として、ご契約内容のご確認のお願いという通知書が送られています。この通知書、現在契約している人および過去に契約していた人に対して送っているようなのですが、最近わかったこととして「亡くなった方にも送っている」という事実が判明しました。

保険契約の内容

・契約者   :Aさん(亡くなられた方)
・被保険者  :Bさん
・保険金受取人:Aさん
という保険がありました。

この場合、Bさんは亡くなられていないので、保険金は支払われません。保険契約に関する権利を誰か(相続人等)が承継し、受取人を変更するという方法もありますが、受取人に指定したい人が他にいなければ、解約してBさんが解約返戻金を受け取るという手続きになると思います。

通知書に記載されていた内容

こういった状況ですので、Aさんにはもはや回答のしようがないのですが、送られてきたハガキに書いてあった質問が、

「過去にご加入いただいていた保険契約について、お客さまのご意向に沿ったものだったでしょうか」→はい/いいえ

……

どう回答すればよいのか

かんぽ生命側が想定していないケースと見受けられましたので、通知書に記載されていた問い合わせ先に電話して、どうすればいいのか確認してみました。

結論としては、ハガキを送らなくていいとのことです。返信がない場合「はい」とみなされるというような記事もあったので、どう取り扱われるのかはなんとも言えませんが、今回のようなケースで「はい」扱いにされては調査の意味がないので、どちらにもカウントせずに取り扱ってほしいと思います。

何より、本来届くはずのない通知が届くことでパニックになる方もいらっしゃるので、その辺は細心の注意を払って対処してほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

租税教育