消費税の軽減税率

税理士のブログですので、軽減税率について触れないわけにはいかないとは思うのですが、あまりにも突っ込みどころが多すぎて、逆に何に触れていいものやらというのが正直なところです。
制度の内容については、そのうちいくつかピックアップして記載するかもしれませんが、国税庁HPにリーフレット等があるので、興味のある方はいったんそちらを見ていただくとして…

・なんというか諦めの色が見られる
「区分記載請求書を発行できない業者もいるかもしれないので、区分記載がされていなかったら、請求書もらった人が自分で追記してもいいです」みたいな「そんなんでいいの?」と思うことが平然と書かれていて、運営側が最初から諦めている感がひしひしと伝わってくるのが大変不安の残るところであります。
区分記載請求書については、国としてはインボイス制度導入までのつなぎという位置づけなのでしょうが、4年も空くので、またいろいろと出てくることは間違いないと思います。そもそもインボイス制度自体どうなんだという話もありますし…。
多くの人が見るであろうリーフレットやQ&A、これもお偉いさんが自分で書いているわけもなく、職員さんが書いているのでしょう。たぶん書いている人も「何これ」と思いながら書いていると思うので、今回はこれ以上突っ込むのはやめておきます。

まずは一筆ということで、なんともとりとめのない記事になってしまいました。今回は読者のみなさまの気持ちを代弁して、国に特大の「喝!」を入れて締めくくりたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

ラグビーとGDP

次の記事

10月1日