10月1日

本日から消費税が増税され、同時に軽減税率が施行されました。今回はそれに伴い気付いたことなどを書いてみたいと思います。

・コンビニ
 軽減税率対象商品には「軽」の文字が付されていました。例えばペットボトルには「軽」がつき、消しゴムには「軽」がつかないわけですが、どうしてペットボトルのほうが重いのに軽いの?なんて言う子供がいるかもしれません。かわいい。

・みどりの窓口
 昨夜、みどりの窓口がかなり混雑していました。増税の前に定期券を買ってしまおうということでしょうか。2%の違いと言えど、距離によっては数千円の違いになることもあるだろうし、これは納得です。
 券売機のほうが早そうですが、通学定期だと窓口のみだったりする場合もあるので仕方ないのかな。そもそも新聞が軽減税率なら通学定期も軽減税率でよさそうな気もしますけどね…。新聞は読まなくても生活できるけど電車は乗らないと学校に通えないですから。

・新聞
 やっぱりこれを軽減税率対象にしてしまったことが、だったらこっちも必需品でしょと言われる大きな要因になっていると思います。月額5,000円が5,100円になったからって購読をやめる人はほぼいないでしょうし、それより国民の反感を買ったことによるマイナス面のほうがはるかに大きい気がするのですが。

・スーパー
 昨夜スーパーに行ったのですが、みどりの窓口ほどではないものの、やはりレジがいつもより混雑していた気がします。大量に買い込んでいる方もいらっしゃいました。
 そんな方々の横で、80円のふりかけだけ買って颯爽と立ち去ったのはこの私です。ちょうど切らしてしまったので…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

消費税の軽減税率

次の記事

郵便と消費増税