試験直前の過ごし方

 税理士試験まで、あと2週間を切りました。直前期をどう過ごすかというと、どう勉強するかに目が行きがちですが、それ以外でもできることはあると思うので、今日は私が勉強以外でやっていたことを紹介してみたいと思います。

・音楽断ちをする
 試験の3週間前ぐらいから音楽を聴かないようにします。理由は、試験中に頭の中で音楽が流れ出すのを回避するため。
 何も聴いてなくても、突然頭の中で音楽がぐるんぐるん回り出すことってないですか?あれ結構集中力を削がれる上に、気になりだすと止まらないんですよね。普段なら全然構わないんですが、さすがに試験中は困ります。脳科学者ではないので詳しいメカニズムはわかりませんが、どうも最近聴いた曲が流れることが多いみたいなので、そもそも聴かなくするという選択をしました。
 去年の試験で、本番中に頭の中でISSAが踊り出した受験生が何人かはいるはず…。

・髪を切る
 試験の2~3日前に髪を切ります。理由は、さっぱりした方が頭のキレがよくなりそうだから。気分の問題で、あまり深い意味はないです。
 もっとも、私はもともと髪が短いので1か月もすれば元通りですが、長い方、特に女性の場合はそんな簡単にできるものではないと思うので、自分だからできた対策かもしれません。

・前日は休む
 総合問題を1問と、あと理論をちょっと回すぐらいで、時間にして2時間程度。だいたい午前中には終えて、午後はのんびりします。
 1年間かけて日々積み上げていることを考えれば、最後1日詰め込んだところで今更たいして変わらないと思っており、それより頭を休めることで本試験で頭が切れる状態に持っていったほうが効果が大きいという狙いです。
 のんびりの仕方は人それぞれだと思いますが、私は漫画を読んでました。リラックスが目的なのでゆるめの作品のほうがよさそうです。

・試験開始前に顔を洗う
 これはTACの先生がおっしゃってたのですが、試験会場の洗面所などで顔を洗います。夏場で暑いですし、顔を洗うとすっきりします。冷やすシートみたいのでもいいかもしれません。

 そろそろ本格的に暑さも厳しくなってきそうですので、健康に気を付けて、悔いのないよう力を出し切ってほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

グリコとゲーム理論①