確定申告と期限の延長

本来の確定申告期限を経過しました。今年は1か月延長されておりますが、かといって本来3月後半や4月前半にやるべき業務がなくなるわけではないので、予定通りの期限で進めた事務所が大半かと思います。
うちはと言いますと、原則として本来の期限で進めつつ、法人の業務で早めにやったほうがいいものは順番を入れ替えて前倒しするような形で、やや柔軟に対応しました。

確定申告時期が忙しくなるのは当然として、さらにその間滞った法人の業務を通常のサイクルに戻すのにまた骨が折れるというのが、この時期の大変なところです。
法人のサイクルを通常通り回しつつ確定申告作業を進めるのが理想形だと思うので、そのあたり今後もいろいろと模索して進めていきたいと思います。

さて、実際期限が1か月伸びてみて、どうだったでしょうか。納税者側は少し余裕ができるでしょうし、窓口の混雑も緩和できる。あとは国や自治体のほうに問題がなければ、そもそも3月15日である必要はないということになります。

時差通勤やテレワークなどもそうですが、これまでやってこなかったさまざまな取り組みも、いざやってみると、意外とそのほうがよかったなんてケースは往々にしてあると思います。
変えたほうがいいのか、はたまた変えないほうがいいのか。その結論を出すには「試す」ことが絶対条件だと思いますので、これを機に、いろいろと試してみてもいいのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

税理士研修の効率化